『Spiraea』ーふたりで暮らす | 東京都内近郊のリノベーションを行う空間社の事例

03-5707-2330

『Spiraea』ーふたりで暮らす

決め手は「面白いプランを色々と出してくれた」
50代ご夫婦のお住まい。奥さまが所有し、10年間居住していた持ち家を、ご結婚を機にリノベーションされました。当社を知っていただいたきっかけは、リビングデザインセンターOZONEさまのご紹介。依頼先を何社かご検討されていた中で「バイオエタノール暖炉を取り入れ、LDKのどこからでも見える位置にしたい。」というご要望に対し、複数提案した中から、意外性のあるプランを気に入ってくださいました。

寝室内にパントリー!?しかも回遊できる間取り
初めにご提示したのは、暖炉を家の中心に置き、主寝室とリビングダイニングの位置関係を既存からあまり変えないプラン。キッチンをオープンにすることでつながりのあるLDKにでき、家のどこにいても暖炉が見えることから、他社プランと似ていたそう。

もう一つのプランでは、窓に面しているエリアをLDKとし、主寝室の位置を部屋の内側へ大胆に移動。ダイニングと隣り合う位置にキッチンも移動し、明るいLDK空間を作るプランをご提案しました。LDKと主寝室はガラス戸の間仕切りで仕切り、開放感を持たせながら、就寝時はロールスクリーンで光を遮ることもできる仕様にしました。また主寝室内に、WICとパントリーを共存させて、キッチンから回遊できる間取りにしました。

キッチン・カップボードは、各メーカーのショールームを見て、扉のデザインに惹かれ、ウッドワンの製品に決定。キッチンの奥のガラスパーテーションの向こうにパントリーがあり、主寝室とつながっています。

ところで肝心な暖炉はどこへ?
答えはTVボードと並べて配置することに。これならダイニングやキッチンからも暖炉が見えるし、何と言ってもソファが特等席に。炎を眺めながらゆったりとくつろぐことができます。「モルタルのような無機質な素材にしたい」という暖炉とキッチンの腰壁は、グレーの大判タイルをセレクト。シンプルながらもクラフト感ある雰囲気に仕上がりました。

TVボードはサンワカンパニーの「ピッタラ」、バイオエタノール暖炉はecosmartfireの製品を採用。洗面やトイレ手洗いもデザイン性とコスパの良いサンワカンパニー製品を取り入れ、コストを調整しました。インテリアの仕様決めや家具選びは奥さま、設備やメカニック分野のセレクトは旦那さまが担当。仲良しのご夫婦が実現したリノベーションハウスでは、幸せの温もりを感じました。

RENOVATION PLAN

DATA

施工主

港区M邸

物件種別

マンション

築年数

22年

施工面積

55.45㎡

施工期間

2.5ヶ月

家族構成

夫婦

工事箇所

全面

工事費

1375万円

物件番号

131

MATERIALS

おすすめの事例