『世代を超えて』――築古戸建に手間ひまかけて | 東京のリノベーション会社・空間社の事例

03-5707-2330

『世代を超えて』 ― 築古戸建に手間ひまかけて

昭和の家を、現代の暮らしに合わせてリノベーション
40年あまり、大切に住まわれてきたお祖母様の家を受け継ぐことになったW様。小さい頃から「よく遊びに来ていた」思い出の詰まった住まいを、設備・間取りの両面で現代の暮らしに合うように改修して住み続けたい、という思いでリノベーションを決意されました。

既存は、柱の露出する真壁構造や天井の低い和室など、"昭和"の懐かしさを色濃く残す建物。間取り面でのW様のご希望は、一階にあった続き間の和室を、ゆったりとくつろげるような広いLDKに変えること。

広く、開放的なLDKにするために
そこで、押入れや仏間をなくして部屋面積を極力広く取ると同時に、天井を上げて開放感を出すプランをお施主様と一緒に作り上げました。

 
構造上、撤去できない柱はオイルフィニッシュで表面を整え、天井裏にあったユニークな鉄骨の補強梁も現しにして、インテリアとして活かすことに。

加えて、新設のキッチンは収納も含めて壁一面に集約し、LDKのスペースを最大限有効活用しています。キッチン周りの見どころは、ラフな質感の素材使い。壁面に貼っているのは、通常は不燃材として壁裏に使う素材。あえて露出させて室内のデザインの一部として見せています。

新しい住まいに引っ越して半年ばかり。Wさまは部屋に合う素材を選んでテレビラックを作ったり、有孔ボードで壁の飾りを作ったりと、手間暇をかけて住まいを成長させています。「そのうち、今回は手を入れなかった二階もリノベをしたいです!」とご夫婦。W邸はこれからも、家族と共に、絶えず育まれていくことでしょう。

RENOVATION PLAN

DATA

施工主

練馬区W邸

物件種別

持ち家戸建リノベーション

築年数

約40年

施工面積

1F:49.29㎡/2F:29.39㎡

施工期間

2.0ヶ月

家族構成

夫婦

工事箇所

一階全面

工事費

690万円

物件番号

85

PHOTO & MATERIALS

おすすめの事例