『momo』――もう一世代、この家で | 東京のリノベーション会社・空間社の事例

03-5707-2330

『momo』 ― もう一世代、この家で

ちぐはぐの家
I邸は、ちょっと変わった経歴を持っている。
奥様が実家を両親から受け継ぎ、ご主人とともに暮らし始めた家なのだが、実は築40年と25年の2つの家が合わさってできた、ちぐはぐの家だ。

元々ここには祖父母の家があり、両親が40年前、結婚を期に隣に別棟を建てて住んだ。その15年後、両親が祖父母の家を受け継いだときに、老朽化した母屋を建て替えると同時に別棟を増築して繋ぎ、ひとつの家になった。

年代の異なる2つの家の接合部には強度面での不足があり、また、頭でっかちで不安定な二階部分も持っていた。さらに、毎年Iさんを悩ますシロアリの被害も深刻だった。

何よりも夫婦の気を揉んでいたのが、一階にあったLDKがすぐ近くに迫る崖に日光を遮られ、一日中薄暗く湿気の多い環境で過ごさなければならなかったこと。
いっそ、建て替えてしまおうか―――
しかし、調べてみると土地の条件的に難しく、リノベーションに賭けることになった。

明るい暮らし
まず取り組んだのは、今後安心して数十年住み続けるための、躯体の改良。シロアリが猛威を奮っていた柱を補強し、増築部との接合強度不足を補う新たな梁を追加した。さらに、崖に面した擁壁に支えられ、バランスの悪かった二階増築部を減築するなどして、一軒の家として構造体の安定を図った。

「明るい部屋で暮らしたい」というIさんのご希望に応じて、日差しがたっぷりと射し込む二階に広いLDKと寝室を配置。梁を現しにして天井を上げ、さらに白の塗装を基調にして光が隅々まで回るようにした。階段室にも大面積のアイアン窓を設けて、リビングの光を届けている。

一方で、日照の悪い一階にはサニタリーやゲストルーム、大容量のウォークイン収納と、一時的に使う機能を集約させた。一階と二階で用途をハッキリと分けることで、ライフスタイルの中心を明るい部屋に置くことを実現している。

お引き渡し後まもなく、Iさんにこどもが誕生。もう一世代は安心して暮らせる明るいこの家で、今日もすくすくと育っている。


 
 
 

「いいね!」で投票にご参加下さい
 

この事例は、みなさまの「いいね!」数によって、ノミネート作品が選出される『リノベーション・オブ・ザ・イヤー』にエントリーしています。
ぜひ「いいね!」をして、応援して下さい!

RENOVATION PLAN

DATA

施工主

横浜市I邸

物件種別

所有戸建

築年数

40/25年

施工面積

127.74

施工期間

3.0ヶ月

家族構成

夫婦+子供一人+愛犬

工事箇所

全面

工事費

3,000万円

物件番号

83

おすすめの事例