HOME > WORKS > 川崎市M邸 マンションリノベーション

Tilia

川崎市M邸 マンションリノベーション

ダイニング・キッチン キッチン・バックセット・シナ材扉交換 キッチン・既存利用・タイル貼り・扉交換 キッチン・造作バックセット・PCスペース LDK1 LDK・飾り棚 積層合板オーダー家具・ダイニングテーブル ベッドルーム・壁面塗装・DIY トイレ・既存利用・床タイル
  • LDK・キッチン
  • ダイニング
  • リビング
  • キッチン・造作バックセット・PCスペース
  • 和室・室内小窓
  • 和室・全開できる押し入れ・W.I.C
  • キャットスルー
  • 玄関・土間・室内小窓
  • 洗面・トイレ洗面

DATA

施工地域: 川崎市
物件種別: マンション
築年数: 15年
施工面積: 48.32㎡
施工期間: 1ヵ月
家族構成: 独り暮らし
工事箇所:

全面(仕上変更・造作)

工事費:

280万円

プラン BEFORE→AFTERリノベーション・オブ・ザ・イヤー 2015にて「カジュアルリノベーション賞」を受賞しました!(リノベーション住宅推進協議会 選考結果ページはこちら
工事前の様子

リノベーションを前提に、使いやすい間取りのある程度リフォームがされた物件を購入されたM様。ツルツルした新建材の素材感では心地よさを感じられず、あたたかみのある素材を希望されていた。キッチン、トイレ、洗面室なども既存のものを利用し、表面的な内装材を変える計画となった。

キッチンは既存の設備を活かし扉材とハンドルを変えるだけで、全く異なる表情に変わった。そしてカウンターを造作し、収納スペースを充実させた。

あたたかみのある無垢のフローリングとLDKと主寝室は壁を全て珪藻土塗り仕上げに。玄関の扉もキッチンと同じく既存を活かしシナの板に交換、トイレや洗面室は無表情だったクロスをテキスタイル風のクロスに変えることで、あたたかみが加わった。

こだわったのは素材感を整えること。ミニマルだが、家具が映える品のいいものを使うこと。扉材につかったシナの板も、木目が主張しないものを丁寧に選んだ。コンパクトな空間では広い面積をしめるダイニングテーブルを空間に合わせてオーダーで作り、家具が入った時にも調和のとれるものを内装と同時に計画した。また、素材を整えることでトータルのコストを抑えることにもつながった。

PAGE TOP